王道で人気の赤の色打掛。日本の国花である桜をはじめとした四季の百花や吉兆文様が色とりどりに散りばめられ、ひときわ華やかに。
箔や金糸、鮮やかな色糸を惜しみなく使った豪華で格調高いお衣装は、一生に一度の晴れの日にふさわしい一着です。