高潔で上質な雰囲気が演出される紺地に、吉祥文様である亀甲文、咲き誇る菊などの季節の花々や松、悠々と飛翔する鶴を描いたきらびやかな色打掛。
金糸や色糸をふんだんに使用した色彩豊かな西陣織のお衣裳は、花嫁様の晴れ舞台をいっそう華やかに彩ります。